2019 上州八王子丘陵ファントレイル

2019年6月2日(日) 上州八王子丘陵ファントレイルを走ってきました。

昨年は、後半に足が攣ってしまい大失速。タイムは5時間台で、制限時間ギリギリでした。
今年は、昨年の失敗を糧にしトレーニングを重ね(たつもり)、当日はペース配分と水分補給に気を付けて、タイム更新を狙いました。

レース当日の天気は曇り、ちょっと蒸していますが、昨年のようなピーカンでは無いのが救いです。

8:30から開会式。
画像

手前の着ぐるみは、協賛のスーパーとりせん(北関東が拠点)のゆるキャラ。
司会進行は、お笑い芸人「アンカンミンカン」だそうです。

そして、プロデューサーの鏑木さん。
画像


9:15 ロングの部(24km)のスタートです。
画像


今年は、トレイルへの入り口が少し変更されました。
画像

昨年までは、運動公園を1周ほどしてトレイルに入ったのですが、入り口が狭い(1人しか通れない)ため渋滞が発生していました。
今年からは、トレイルまでのロードを伸ばして渋滞緩和を図っていました。

もっとも、トレイル序盤にある階段の前では渋滞発生です。
画像

ゆっくり歩きながら、息を整えます。

序盤は慌てず、ゆっくり。登りは歩いて、とにかく、体力温存と足への負担軽減を優先しました。
画像

第2エイドを過ぎたロードの先の所で、ハイタッチしている人がいました。誰だろうと良く見ると鏑木さんでした。
でも、あと100mほどという所で、車に乗って行ってしまいました。残念。

梅雨前なので、緑が濃く、綺麗です。
画像

このトレイルって、展望があまりないのが、ちょっと残念なところです。

12時頃、第4エイド(約16km地点)に到着。ここまでは特に問題なく、走り&歩くことができましたが、
この後が鬼門です。昨年は、この第4エイドを過ぎた急な登りで足が攣り始めました。
そこで、今年はこの第4エイドでストレッチを十分にして、後半戦に挑みました。
画像

しか~し、急坂を登って行くと、太ももの前側でかつ内側の筋肉(内側広筋かな?)が、なんとく怪しい。
階段を登る時、前に出した足に体重を乗せてから伸ばそうとすると、プルプル震える感じ。
まずい、攣りそう。
そこし、立ち止まって指圧。
とりあえず、平地と下りはゆっくり走り、登りは指圧しながら歩きました。

画像

でも、攣ると痛いから、イヤです。

唯一、展望が利くところ。昨年はこのベンチで休みましたが、今回は写真をとるだけでスルー。
画像


画像

今、苦しんでますから~。

最終(第5)エイド手前の急な下り坂。土がさらさらしているので、滑りやすく怖いです。
画像


13:06頃、最終(第5)エイド到着。残り約3km。
ここまでのタイムがおよそ3時間50分なので、何とか4時間前半でゴール出来そう。

最後の上り坂。走るなんて絶対無理。
画像


運動公園が見えてきたので、再び走り出して、笑顔でゴールしようとしたら、
何とゴール手前に、鏑木さん発見。
そのまま走りこんで、ハイタッチして頂きました(ラッキー)。
本当は写真も撮りたかったのですが、もう、目の前がゴールだったので、そのままゴールしてしまいました。

タイムは、4時間17分。
昨年より、約1時間更新できました。
足が攣りそうになったけど、何とかだましだまし走れたことが良かったです。
次は、もうちょっと楽して走れるようにトレーニングしたいと思います。

"2019 上州八王子丘陵ファントレイル"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: