三峰神社から雲取山へ トレランしてきました(2020/08/12)

久しぶりの山登り。去年の秋に行ったきり、今年になって初の山登りです。

さて、どこに登ろうかと考えた。
このご時世、山小屋泊まりは控えた方が良さそうだし、
日帰りでも越境し過ぎるのは心苦しいし。。。
となると東京の山?
そうだ、雲取山。
しかも、秩父側から攻めれば越境の頻度は少なくなる。
標高は2017m。埼玉県の最高峰 三宝山2484mよりは低いけど、何て言ったって、
日本百名山です。

さて、登山口となる三峰神社から雲取山までは往復約20km、標準コースタイムは
約11時間。日帰りとは言え11時間だと、朝早く家を出ても帰りが遅くなる。
じゃあ、走りましょう! 
三峰から雲取山へのコースを調べてみると、比較的緩やかそう。
急登、鎖場などはなさそうなので、今年初の登山は、
初トレイルランニングにしました。実はトレイルランニングのレース(ショートですが)には何回か出場しているのですが、プライベートでのトレランは初めてなんです。

8月12日 深夜、熱帯夜の自宅を出発。車を走らせ朝4時前に三峰神社
駐車場に到着。ここは有料ですが、夜は管理人が居なくなるため、帰りに料金を支払います(ゲートは常時開放)。
空にはもう秋の星座(ペガサス座など)が西に傾き始め、冬の星座(おうし座など)が東から顔を出そうとしていました。

ようやく、空が白み始めました。
k101.jpg
駐車場から見た雲取山(中央の三角形の山。ぶれてしまった)。
いや~、しかし、懐かしいなあ。この三峰神社の駐車場って、うん十年前、初めての星見遠征に来た所なんですよね。
あの当時の駐車場は無料だった。駐車場には水銀灯が点いているのですが、奥まで行くと丁度陰になる場所があるので
そこに機材を広げたんですよね。
トイレも立派になっていました。おっと、ぼ~っとしていると時間が過ぎてしまう。

出発の準備。トレランなので、荷物は極力減らします。バーナーとかは持たず、レインウェアも上のみ。行動食もジェルをメインにします。
でも、ジェルだけでは空腹感が残るため、固形物として、おにぎりと月餅(私の好物)も準備。
飲料水は2.5Lを用意。塩飴も用意。そうそう、マスクも念のため用意しました。

4:40 出発です。駐車場の階段を上がりビジターセンターの前を東に向かいます。
k102.jpg

間もなくすると、鳥居が現れます。
k103.jpg
ここをくぐって進みます。

2番目の鳥居(木製でした)。
k103a.jpg
この鳥居をくぐって行くと妙法ヶ岳・奥宮へ。妙法ヶ岳に寄らない場合は、この鳥居をくぐらずまっすぐ(右側)進みます。
はじめは妙法ヶ岳・奥宮には行かないつもりでしたが、せっかくなので寄ることにしました。

奥宮への最後の鳥居。
k104.jpg

途中、視界の開けた所から両神山が見えました。その両神山の右肩のところには浅間山がかろうじて写っていました。
k105.jpg

妙法ヶ岳・奥宮への最後の登り。
k106.jpg
えらく急な階段、しかも足を載せるステップの奥行きも狭い。両側の手すりをしっかり掴まないと登れない!
この時は、分からなかったのですが、今回の山行でもっとも危険な道は、最後の鳥居から奥宮までの道のりでした(鎖場もあります)。

奥宮から北西の方向にはつるし雲が見えました。
k108.jpg
天気が崩れる兆候ですね。ちょっと急がないと。

南を方へ目を向けると、これから進む霧藻ヶ峰への稜線や白岩山(たぶん)が見えました。
k109.jpg


来た道を戻り、最後の鳥居からは雲取山方面に向かいます。
すばらくは樹林帯の中を進みます。
k110.jpg
ちなみに、トレランと言っても始終走っているわけではありません。
レースでは無いので、基本的に走りたい時、走れる時、気持ちよさそうな道で走ります。

5:53 炭焼き平に到着
k110a.jpg
特にこれと言った特徴の無い平らな場所でした。
休憩場所は特に決めず、1時間ごとにジェルなどの行動食が口に入れながら進みます。

6:17 霧藻ヶ峰休憩所に到着
k111.jpg
まだ朝早いから、開いてはいないけど、本当に休憩できるところなのか疑問。地図には「10人、要予約」と書いてあるから、予約すれば宿泊もできるってこと? 手前にトイレがあったけど。。。

フカフカなトレイル
k112.jpg
こういう所は気持ち良く走れます。

7:26 白岩小屋跡に到着。廃墟ですね。
k113.jpg

西側が開けていたので、ちょっと行ってみると、
k112a.jpg
多分、和名倉山。その奥が甲武信ヶ岳なんだけど。。。自信がないです。

程なくして、白岩山を通過。展望が全然ないのでそのままスルー。

このコースで初めて見た大岩。よく見ると花が咲いていました(強拡大ズームなので画像が荒れています)。
k115.jpg
相変わらず、名前がわかりません。

しかし、それにしても思ったより人がいない。手前の霧藻ヶ峰で2人組を抜かしただけです。
でもその分、静かな山登りを堪能できます。

こういう下りのトレイルは思わず走りたくなるのですが、石や木の根があったりするのでゆっくり走ります。
k115a.jpg

8:25 大ダワに到着。右が男坂。左が女坂。
k115b.jpg
地図によると、女坂の方が歩きやすいとの事なので、女坂を行きます。

倒木のトンネル
k115c.jpg

8:45 雲取山荘を通過。 
最後の坂を上り切ったところで急に視界が広がりました。
9:08 雲取山到着です。
k116.jpg
晴れているのですが、周りに雲が沸いていて展望がありません。
標識の向こうに富士山が見えるはずなんですが。。。

人がいないので、適当な所に座り休憩。ちょっと腹ごしらえです。
日差しは暑いけど、やっぱり山の上は涼しいです。たまに吹く風が、また気持ち良いこと。
あ~ぁ、今日も下界は暑いんだろうなぁ。

山頂を堪能した後、一旦、雲取山荘まで降りて、ここでまた休憩。
水場で水分補給です。冷たくて美味しかった。
それから、マスクを着けて山荘でバッジを購入(マスク着用要請の張り紙がありました)。
k117.jpg
雲行きも怪しくなってきたので、9:50 下山開始です。

帰りはほとんど下りなので走れる距離が多くなって嬉しいのですが、ちょっと太もも(内側)が痛くなってきました。
いわゆる着地衝撃による筋肉疲労です。走ったり、歩いたりするときはちょっと痛いなあ(疲れたなあ)と感じる程度ですが、
階段を登ろうとすると、攣りそうな感じです。次回への課題ですね。

10:00頃に雨が降り始めました。
k118.jpg
と言っても、樹林帯の中なので、濡れる心配ななさそうです。それ以前に汗でびしょ濡れだし。

下界に近づくにつれ暑くなってきました。いつの間にか雨もやみ(雨雲から抜けた?)日が差してきました。
k119.jpg

三峰神社近くまで降りてきました。散策する観光客とすれ違うようになりました。
k120.jpg

12:30 三峰神社駐車場に到着。
コースタイムは7時間13分です。

今年初の山登りは、ちょっと展望に欠ける内容でしたが、下界の暑さから一瞬でも逃れる事ができたのは良かったです。
また、初プライベートトレイルランニングでは、短パンで山登りしたことが無かったので、転んだらどうしようかとドキドキもんでしたが、十分なコース検討のおかげで楽しめました。あと、天気も大事ですね。歩いての山登りなら雨も多少ありかと思いますが、
トレランでの雨はレース以外では勘弁ですね。
そうそう、足が酷い筋肉痛になったので、筋力アップが新たな課題です。

それにしても、朝来たときは、数台の車しかなかったのに、帰る時は駐車場への入場待ちの車が20台くらい並んでいました。
神社の近くは密状態。みんな、山に行けば密じゃないよ。
でもあまり来過ぎると、山の方が密になってしまうかな? いずれにせよ、早くコロナが治まって欲しいものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント