千曲川(信濃川)の源流をたどって甲武信岳へ(8月9日)

さあ、夏休みです(ちょっと早いけど)。
この猛暑に中、少しでも涼しい所は。。。。水がある所。
という訳で、千曲川(信濃川)の源流をたどって日本百名山の一つ、甲武信岳に行くことにしました。

朝3時に自宅を出発、関越、上信越道を経由して毛木平駐車場に6時15分に到着。
kb101.jpg
さすがに平日のためか、停まっている車は数台。
それにしても、とっても涼しいです。半袖だと寒いくらい。

登山計画書をポストに入れ、トイレに行って、準備を整え、6時半に登山開始。
kb102.jpg

しばらくは林道を進みます。
kb103.jpg
と、2分ほど進んで忘れ物に気づいた。測位のため、GPSウォッチを車の屋根に乗っけていたのです。
慌てて引き返し回収。5分ほどのロスでした。

程なくして、十文字峠との分岐に到着。
kb104.jpg
今日のルートは、甲武信岳から十文字峠を回って来るつもりなので、帰りは十文字峠側から合流することになります。

北八ヶ岳を彷彿させる、辺り一面の苔。
kb105.jpg

沢沿いの道。緩やかなので歩きやすいです。
kb106.jpg

日差しはきついですが、まだまだ涼しいです。
kb107.jpg

段々の滝。
kb108.jpg

苔。
kb109.jpg

8時5分。ナメ滝に到着。
kb110.jpg

ナメ滝。天然のウォータースライダーですね。
kb111.jpg

さらに沢を遡ります。
kb112a.jpg

あと、900m。
kb113.jpg

沢から立ち上った細かい水滴に光が当たって、光の筋が見えます。チンダル現象ですね。
kb114.jpg

あと、350m。細かく区切りますね。
kb115.jpg

9時3分。水源に着きました。
kb116.jpg

水飲み場。木の下から水が湧き出ています。
kb117.jpg

ここから、甲武信岳への登山道は、急登になります。
kb118.jpg

分岐に到着。稜線に出ました。
kb119.jpg

稜線に出ると視界が開け、南側には富士山が見えました。
富士山が見えると、ちょっとテンションが上がりますよね。
kb120.jpg

9時45分、甲武信岳山頂に到着。標高は2475m。思ったより山頂は狭いです。
kb121.jpg

南西の方向には、国師ヶ岳や金峰山が見えます。よく見ると、金峰山の五丈石も見えました。
kb122.jpg

北側には、こんもりとした三宝山。気になるのは岩峰。何だろう?
家に帰ってから調べたところ、三宝石という岩峰で登れるらしい。でも、そんな分岐、無かったような、見落としたかな?
kb123.jpg

山頂から少し下ったところにある甲武信岳小屋。10時2分に到着。
kb124.jpg

今回は、クーリッシュを持ってきました。凍らせたパウチ飲料と一緒に保冷バックに入れてきたのですが、完全に溶けていました。
でも、まあ、冷たいミルクシェーキです。
kb125.jpg

一休みしてから、小屋でバッジを購入(¥500)。10時20分に十文字峠に向けて出発。
小屋の裏側にある巻道を通り、先ずは、三宝山へ。
kb126.jpg
埼玉県の最高峰だそうです(2483.5m)。甲武信岳よりも高いんだ。
残念なのは、木々に覆われ展望がまったくない点。
三宝石のことを知っていれば、寄ったのですが、この時は、分岐も分からず、そのままスルー。

三宝山を過ぎると、一旦、下り基調。
kb127.jpg

キノコ発見。なかなか綺麗なキノコです。名前は分かりませんが。
kb128.jpg

尻岩に到着。
kb129.jpg
なるほど、割れているから「尻」ってことですね。
ここからは、武信白岩山、大山にむけて登り基調になります。

武信白岩山の山頂は登山禁止になっているのですが、今一つ、それがどこだかわからず、いつの間にか巻いていたようです。
大山の山頂は狭いながらも展望が良かったのですが、この頃から雲が広がり始め、雷が来そうな感じです。

大山から一気に下って、12時55分に十文字小屋に到着。
小休憩していると、雨がポツリ。遠くから雷が聞こえ始めたので、早々に下りることにしました。
kb130.jpg
八丁坂ノ頭までは、緩やかな下り。おまけにカラマツの落ち葉で覆われフカフカ。
しかし、八丁坂の頭からは急激な下り。膝が痛くなりそうです。
倒木もあり、跨ぐのが大変と思いながら近づくと、ちゃんとステップが切ってありました。ありがたい。
kb131.jpg

今日、2個目の綺麗なキノコ。
kb132.jpg
そう言えば、甲武信岳へのルートでは、登る人、下る人に何人か会ったのですが、甲武信岳小屋から十文字峠を経由した帰り道では、
結局、だれとも会いませんでした。あまり人気の無いルート? 確かに、展望もあまり無いので、ちょっともの足りないルートかもしれません。

雨は降って来なく、時折、日が差したりしたのですが、相変わらず雷は後ろでゴロゴロ鳴っているので、とにかく急いで下りました。
kb133.jpg

2時15分、駐車場に戻ってきました。ちょうどそのころから雨が降り出したので、速めに下って正解でした。

帰路は中央道から帰ることにしたのですが、甲府あたりが凄い土砂降り、おまけにひどい渋滞で、4時間かかってしまいました。

甲武信岳は、自宅からのアプローチがちょっと遠い(車で約3時間)のですが、千曲川源流の道は涼しくかつ歩きやすく、甲武信岳直下の道はガレ場があったりで変化に富んだコースで楽しめました。十文字峠を経由する道は。。。シャクナゲが咲くころが良いのかな?

アプローチが大変ですが、ここまで来ると、次は、金峰山や瑞牆山にも行ってみたくなります。











この記事へのコメント

  • hey-hey-yos

    良いですね!!!
    甲武信岳はまだ未踏です。
    登ってみたいです。
    2019年08月11日 21:40
  • YSMK

    hey-hey-yosさん、コメントありがとうございます。
    甲武信岳へは西沢渓谷からのルートなど、いろいろあるので是非登ってみてください。
    2019年08月20日 11:56