CP+ 2019 に行ってきました

3月1日(金)、午後、休みが取れたので CP+ 2019 に行ってきました。

入場料は1,500円なのですが、事前にWeb登録するとタダになるので、前日でしたが登録しておきました。

先ずは、ひいきのペンタックスのブースへ(正確には、リコーですが)。なんと今年は受付にペンタックスもしくはリコーのカメラを持っていくと、オリジナルステッカーがもらえるというので、ペンタックスのコンデジを持っていき、ステッカーをゲット。
画像


ただ、今回のペンタックスは、特に新しい一眼が無いので、自分としてはちょっと寂しい感じ。

他のブースへ行ってみると、やはり、キャノン、ニコンはブースも広く人も多いですね。しかし、それに勝るとも劣らないのが、ソニーとパナソニック。 
昔、カメラと言えば、ニコン、キャノン、ペンタックス、オリンパス、ミノルタだったのですが。。。。

ぷらぷら各ブースを見ていると、ビクセン(望遠鏡メーカ)のブースに結構な人だかり。何かすごい望遠鏡でもあるのかなと、のぞいてみると。セミナーをやっていました。
これまで、ビクセンのブースって望遠鏡を展示している程度だったのに、いつからセミナーをやるようになったのだろう。

ケンコー・トキナーのブースに寄ると、新しいフィルターがありました(春に発売予定)。
「スターリーナイト」 星景・夜景撮影用フィルターで、いわゆる光害カットフィルターです。
これまでも光害カットフィルターってあったけど、このスターリーナイトの売りは、広角レンズも使えること。
多くの、光害カットフィルターは、フィルター面に対し斜めからの光には有効に機能しないため、望遠レンズの前玉に着けるか、レンズ後玉とセンサーの間(カメラの中)に配置する必要がありました。
広角レンズにも使えるということは、星景、星野撮影で使えるということになります。
価格もこれまでの光害カットフィルターに比べ安いので発売されたら即、買いたいですね。

一通り見終わって、今度は2階のアウトレット、中古販売のコーナーへ。
中古販売のコーナーでは、懐かしいフィルム一眼レフがたくさん並んでいました。
アウトレットコーナーには、ペンタックスのブースがあったので覗いてみると、バッテリーが1個300円!
普通、バッテリーって数千円するので、これは買いでしょう!
しかし、よく見ると一眼用のは無く、すでに生産終了したコンデジ用のでした。それでも、今使っているコンデジに合う物があったので、1個買いました。
画像

希望小売価格5,000円が300円! 
家に帰って開けてみたら、製造年が2014年と古いですが、まあ、問題ないでしょう。

ちょこちょこと収穫のあった、CP+でした。

この記事へのコメント

  • hey-hey-yos

    CP+行かれたのですね!
    僕も本当は金曜日に休暇を取って、行きたいと思っていたのですが取れずでした。
    昨日の土曜日に行ってきましたが物凄い人の多さでしたよ。
    平日の少しでも空いている時にじっくり見たかったです。
    PENTAXは確かに一眼系で目新しいものがありませんよね。
    でもKPのカスタマイズモデルが物凄く格好良かったです。
    カスタマーの方と色々お話ししましたが、カスタムパーツ出るかもです!
    ただ、ちょっと不安になったのは今後PENTAXとして一眼レフも、ミラーレス一眼も出るのかな、存続自体どうなんだろうです💦。
    長文失礼しました。
    2019年03月03日 09:43
  • YMSK

    hey-hey-yosさん、こんにちは。
    土曜日に行かれたのですね。
    平日でも結構人がいたので、相当な混みようだったと思います。
    KPのカスタマイズモデルは確かに格好良いですね。木製グリップが欲しくなりました。
    仰る通り、PENTAXは今後どうなるんでしょうね?
    とにかく頑張ってもらいたいです。
    2019年03月03日 16:48

この記事へのトラックバック