星キャンブログ−気ままにできごと−

アクセスカウンタ

zoom RSS 苗場山<2018年8月4日>

<<   作成日時 : 2018/08/05 19:31   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

下界は暑いので、ちょっと涼しい山へということで、今回は苗場山に登りました。
コースは色々ありますが、登山口が近い、祓川コースにしました。

前回行った越後駒ケ岳よりは登山口が近い分、1時間ほど遅めに出発(と言っても深夜1時ですが)。
湯沢ICを降り、国道17号を高崎方面へ、スキー場手前のトンネルを抜けた所で右折。苗場山祓川コースの標識に従い狭い道(途中ダートあり)を進むと駐車場に到着(AM3:30)。結構広い駐車場で、まだ数台しか泊まっていませんでした。
外に出ると、結構涼しい。半袖だと我慢できないので、薄手のフリースを羽織りました。
空は下弦の月が出ており、薄雲も広がっていましたが、星が結構見えていました。今回は三脚を持ってきたので、ちょこっと星景撮影。
先ずは、西の空。白鳥座がちょうど沈むころです。
画像


東の空、オリオン座が登ってきました。
画像


準備を済ませ、4時20分に出発。トイレ脇に登山口があるのですが、和田小屋まで続く舗装路を歩いたほうが楽なので、舗装路を歩きます。ちなみに、この舗装路は和田小屋宿泊者orタクシー等以外は乗り入れ禁止です。

和田小屋に向かっている途中で、空が明るくなってきました。
画像


AM4:48、和田小屋前の登山口に到着。ゲレンデを登って行きます。
画像


程なくして、林の中へ。日は出てきましたが涼しいです(登っていないと寒いくらい)。
画像


丸い大きな石がゴロゴロ。歩きにくいです。
画像


AM5:46、下ノ芝を通過。ここら辺になると所々視界が開けます。
AM6:32、上ノ芝に到着。
画像

ベンチがあって一休みするのに、ちょうど良いです。
日が昇るとやっぱり暑いかなと覚悟はしていたのですが、気持ち良い涼しさです。

振り返ると、
画像

良い景色。越後三山の方を向いていると思うのですが、どれがどの山だか良く分かりません。

AM6:38、小松原分岐に到着。
画像

小松原湿原も良いらしいので、今度行ってみたいです。

股スリ岩を通過。
画像

実は、この岩を過ぎたときに、股スリ岩と気づきました。つまり、通過してからの撮影。
中々、降りにくい岩だなと思って降りたら、股スリ岩だったという次第。登るとき(帰り)は思ったより大したことはありませんでした。

雷清水。
画像

一応、水は出ていました。

苗場山が近くなってきました。
画像

山と言っても、見えているのは台地状の突端です。

神楽ヶ峰を下ってきた鞍部あたりがお花畑のようですが、もう時期は過ぎてしまったのか、あまり咲いていませんでした。
画像


雲尾坂から急登が始まります。
画像

途中、降りてきた人から、あともう少し登れば楽園ですよ、とのこと。

この登りを通過すれば(この写真は、帰りに撮影)、
画像


一気に視界が広がります。
画像

これは素晴らしい。もう1回後ろに下がって、再び戻ってきて、この広がり感を何度も感じたい気分です。

池塘の先に林があって、また湿原、池塘があって、突然その景色が切れて、向こうの山が見える。
画像

かなり感動ものの風景です(個人の所感です)。まさに天空の楽園です。
ちなみに、正面から左側の山が佐武流山。その右奥の霞んているのが浅間山です。

とりあえず、山頂に向かいます。
AM7:58、苗場山山頂到着。
画像

山頂は広いのですが、残念ながら木々に囲まれ全くの展望なし。普通の山頂なら、ここで大休止しするところですが、ちょっと下れば、素晴らしい展望があって、所々にはテラス、ベンチなどの休憩ポイントがあります。どうしてこの山頂で大休止していられるでしょうか!というくらい、残念な山頂です。たぶん、日本百名山の中でも最も蔑ろにされそうな山頂です。
という自分も、写真を撮ったらすぐに下へ。

山頂の小屋(苗場山自然体験交流センター)の前を通って、湿原の方へ。
画像

この広がり感。いいですね
しかも、天気も良し。日差しは強いですが、蒸し暑くなく、ちょうど良い涼しさ。もう下界には帰りたくない。

広い休憩ポイントで休憩。まだ誰もいないので、独り占めです。
前回同様に冷やしてきたコーラを堪能。
画像

昼寝(まだ午前ですが)したい気分です。

せっかくなので、少し木道の先に行ってみることにしました。
画像

そういえば、時間が早いせいか、土曜日だというのに人が少ないです。その分、静かな山を堪能できます。

振り返って小屋の方を見ます。
画像

ここで、星を見てみたいです。

ワタスゲです。
画像


モウセンゴケ。
画像


再び、小屋の方に戻りベンチで一息。
小屋泊まりだったら、早々にビールを飲んでくつろぎたいところですが、そろそろ帰ります。
AM8:53 下山開始。
振り返り、振り返り、目に風景を焼き付けて下山します。

帰りは、これから登ってくる人たちと沢山すれ違いました。
AM11:31 和田小屋に到着。
下は暑いかな?と思っていましたが、まだまだ結構涼しいです。やっぱり、山は涼しいですね。

AM11:50 駐車場に到着。朝、まだ余裕のあった駐車場も満杯になっており、ゲレンデにも車が停まってました。周りは涼しいですが、さすがに日向に置いてある車の中は蒸し風呂状態。ドアを全開して暑い空気を逃がして帰路に就きました。

こんな素晴らしい苗場山に、何でもっと早く登っていなかったのか不思議に思うくらい、良い山でした。自分としては、尾瀬ヶ原よりも苗場山の方が好きな風景です。尾瀬は高い山で囲まれていますが、苗場山はそれが無い。どちらかというと雲ノ平に近い感じです。 その雲ノ平も、自分は去年行きましたが雨でした。なので、遠くの雨の雲ノ平より、近くの晴れの苗場山、と思いました。
秋にも行ってみたいし、小屋泊まりでゆっくりもしたいですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
苗場山<2018年8月4日> 星キャンブログ−気ままにできごと−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる