富士山 剣ヶ峰へ <2017年8月8、9日> (2/2)

(1/2からの続き)
8月9日(水)。深夜の雨、風はいつの間にかに止んでいました。3時50分、七合目 大陽館を出発。

薄明が始まり、空が美しいグラデーションに染まります。
画像


本七合目に到着するまでに、ご来光が見えると思っていたのですが、思いのほか雲が高いようで、なかなか日が昇りません。いつの間にか本七合目 見晴館に到着。皆さん、外に出てご来光待ちでした。
画像

どなたかの、「スカイツリーが見えますよ!」の声。

え?どこどこ? よ~く見ると、明るくなっている所の下に、鉛筆みたいなスカイツリーが見えました
画像


やっと出てきました。ご来光です。今日の天気は良さそうです。
画像



反対側の山頂方面は、赤富士という状態ですね。
画像

再び、山頂へ向けて出発。


たまに雲で日が遮られると、涼しくてちょうど良い感じです。
画像


まだ、雪が残っている所もありました。
画像


本八合目から吉田口ルートと合流、人が急に増えてきました。
画像


下を見ると、ぞろぞろ登って来ます。
画像


頂上が見えてきました。
団体の後ろに追い付いてしまったため、ちょっと停滞。
画像


鳥居の前で記念撮影する人の横をすり抜け、頂上(正確には須走・吉田口頂上)へ。
8時5分、到着。
画像


久須志神社
画像


前回も休憩に利用した山口屋に入って、これまた前回と同じものを注文。
画像


8時55分、剣ヶ峰、お鉢めぐりに出発。
画像

あの先を登ります。

ちょっとした稜線歩きです。ずっと登りだったので、水平の移動は全然苦になりません。
画像


硫黄岳(八ヶ岳)のような感じ。火口ってどこも似たような状態になるんでしょうね。
それにしても、青い空と白い雲。ザ夏山ですね。
画像


浅間大社奥宮に到着。
画像

奥宮の脇(見て左)に郵便局があるのですが、ここにくる途中、韓国?中国?の方に道を尋ねられました。最初、「絵葉書を買いたい」と言っているようだったので、向こう側に見える(自分たちが立ち寄った)吉田口・須走頂上にある売店を指したのですが、何か違う雰囲気。
どうやら、「絵葉書を郵便局からだしたい」と言っているみたい。地図を開いて、今いる所は銀名水の所なので、もう少し進めばPost officeがあるよと伝えました。小さなおもてなしができて良かったです。
それにしても、富士山は外国の方が多いですね。

南側を向くと海も見えます。駿河湾ですね。
画像


さあ、もうすぐ剣ヶ峰です。でもその前に、一番の難所、馬ノ背。
画像

難所なのは、斜度よりもむしろ地面。サラサラとした砂地のような地面なので非常に滑りやすいです。靴底全体を地面にフラットに置いて、小さい歩幅でゆっくり登らないと、無駄に疲れるだけです。

なぜかブルドーザーとショベルカーが。ショベルカーなんて、ずるずる下がってきそうな感じさえします。
画像


馬ノ背を過ぎ、旧測候所の脇の階段を上がれば、もうそこは剣ヶ峰です。
画像


9時55分、剣ヶ峰到着。いろいろ立ち寄ったりしたので結構時間がかかってしまいました。
画像


三角点の案内。
画像


日本一 高い所に来たサッポロポテト。パンパンです。
画像

そういえば、途中でパンの袋は1個、破裂しました。

火口。降りて下から上を眺めてみたいなぁ。
画像


下山口に戻ります。
画像

まるで火星みたい。

売店に寄って少し休んで、11時20分、下山開始。
砂走りを駆け下ります。
画像

前日の雨のおかげで、砂が湿っているため土ぼこりがそれほど舞い上がらず、軽快に下れます。

あっという間に、樹林帯が見えてきました。それに伴い、空気が重い、まとわりつく。
画像


14時57分、登りルートと合流。ここまで下れば、五合目はあっというまです。
画像

五合目の売店で少し休もうと思ったのですが、15時15分のシャトルバスがもうすぐ出るとのことなので、休まず乗ることにしました。

この後は、駐車場に戻り、また前回と同じ山中湖のP.アベニューに泊まり、翌10日に自宅へ帰りました。
10日は圏央道で、もう帰省渋滞が始まっていましたが、何とか夕方前には無事に帰れました。

はじめは台風の進路にやきもきしましたが、二日間を通して雨に降られることなく、無事、剣ヶ峰に立つことができました
もう、富士山はいいかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック